【漢方薬】眠りが浅い人へ処方される代表的な薬名はこちら

眠りが浅いと悩んでいる人は少なくないですが、それを理由に病院へかかりたくない・睡眠薬は飲みたくないという人は多いもの。

対策として何か飲むにしても、それなりに効果も期待したいし、からだに優しいものがいい・・・

そういう人には、漢方という選択肢はどうでしょうか?

漢方の観点から眠りの浅い原因を考えて合う薬を選ぶ

一般的に病院で処方されるような睡眠薬は、中枢神経(脳内)に直接作用して眠りを誘発させるもの。

脳に直接作用するので、依存や耐性(次第に効かなくなり、量が増えていってしまう)といった副作用があります。

一方漢方薬はそもそもアプローチが違い、時間をかけて体質改善をしていくものです。

そのためには睡眠が浅い原因を突き止める必要があります。

不眠には大きく

  • 寝つきが悪い
  • ぐっすり眠れない、夜に目が覚める、夢ばかり見る
  • 朝早く目覚める

の3パターンがあり、それぞれ東洋医学的には

  • 体の中に熱がこもっている
  • 「心」を安定させる血が不足している
  • 歳と共に体のエネルギーが衰え、熱を冷ますことができない

と診断します。

眠りが浅いのはこの中では「ぐっすり眠れない、夜に目が覚める、夢ばかり見る」に当てはまりますから、東洋医学的には『「心」を安定させる血が不足している』状態ですね。

  • 生来不安感が強い
  • 胃腸が弱く貧血気味
  • 動悸や疲労倦怠感などがある

という人に多いといわれ、さらに

  • 『心血虚』(しんけっきょ:動悸、めまい、やる気が出ない、不安感、物忘れしやすい、貧血、食欲低下なども発現)
  • 『心陰虚』(しんいんきょ:心血虚の症状に、顔や手足のほてりやのぼせ、イライラ、寝汗、口が渇くなど熱症状が加わる)

に分けることができます。

『心血虚』タイプには

  • 帰脾湯(きひとう)
  • 人参養栄湯(にんじんえいようとう)

が処方されることが多く、『心陰虚』タイプには

  • 黄連阿膠湯(おうれんあきょうとう)
  • 清心連子飲(せいしんれんしいん)
  • 酸棗仁湯(さんそうにんとう)

などが処方されることが多いです。

自分にどの漢方が処方されるかは専門医の見立てが必要になってくるので、素人判断はしない方が賢明です。

眠りが浅い状態から「自然の状態」へと戻してくれるのが漢方

上記の症状のように何かしらバランスが崩れてしまって、その結果「眠りが浅い」という症状が出てしまっているというのが東洋医学的な考え方。

そのバランスの崩れている部分を生薬で補い、本来の自然な状態へ導いていこうというのが漢方薬のアプローチです。

自分の体質に合う漢方薬を飲んでいるなら、ほぼ副作用もないというのもありがたいですね。

何より病院で処方されているほどですから、効果もお墨付きなわけです。

体質改善というと、長く飲まなければ効果が無いと思われがちですが、それも人によりけりで、飲み始めてすぐに効果を感じられたという人もいます。

一方、一般的な睡眠薬のような西洋薬よりも副作用や依存性を気にしなくていいメリットもありますが、デメリットももちろんあります。

  • きちんと処方してもらうためには専門医を受診するか漢方専門店で見立ててもらう必要があること
  • 味が独特なので苦手に感じる人も多い
  • 漢方薬の種類によっては妊娠・授乳中は使えないものもある
  • 体質に合っていないと効果が見えにくい

このあたりが一番のネックかもしれません。

ただ漢方にも使われている生薬が一部配合されたサプリメントなら、そこまで味や体質への合う合わないを気にしなくても大丈夫です。

漢方のいいとこどりをしたい人は、配合成分に注目して不眠対策を検討してみては?

投稿日:

Copyright© 不眠睡眠サプリかわら版 , 2018 AllRights Reserved.