「眠りが浅い…」妊娠初期になぜ多い?原因や対策まとめ

妊娠初期の女性にとって「眠りが浅い」という悩みは良くあること。

この記事では、

  • なぜ妊娠初期に眠りが浅くなってしまうのか
  • 眠りが浅い場合の対策

をまとめました。

妊娠初期の「眠りが浅い」のはホルモンバランスの変化と産後の準備のため

女性の身体は妊娠をきっかけに大きく変化していきます。

通常眠りをしっかりサポートするホルモン「メラトニン」によって、睡眠リズムは整っているもの。

ですが、メラトニンを含むさまざまなホルモンのバランスが変わるため、徐々に睡眠リズムが崩れたり、しっかり熟睡している時間(ノンレム睡眠)が減ってしまうんです。

もうひとつの理由として、産後の準備が挙げられます。

人間の睡眠は浅い眠り(レム睡眠)と深い眠り(ノンレム睡眠)を周期的に繰り返しています。

ですが産後しばらくは2~3時間おきに授乳やおむつ交換をする生活が待っています。

赤ちゃんの生活リズムに合わせ、ノンレム睡眠を減らして「子どもの泣き声、物音など」でパッと目が覚める体になるよう、妊娠中から睡眠の質が変化していくという説があるんです。

その他にも、妊娠初期に眠りが浅くなる原因はいくつかあります。

  • 昼寝や二度寝をしている(眠りつわりなどで)
  • 妊娠により体温が上がり、今までと同じ環境だと暑すぎる
  • 自律神経が乱れ、ほてりや冷えで目が覚めてしまう
  • トイレが近くなるため夜に目が覚める
  • 水分不足のため、水分補給したくなり目が覚める

妊娠すると、生理中のように耐えがたい眠気に襲われる場合があります。

それでつい二度寝をしたり、日中昼寝をしすぎてしまうと夜に眠れなくなってしまいますよね。

また基礎体温が上がるので妊婦さんは暑がりになります。

今までだと快適だった就寝環境が合わなくなってしまう事も。

また寝た後で手足が熱く火照ったり冷えたりして目が覚めてしまう事もあります。

お腹が徐々に大きくなれば、膀胱を圧迫するのでトイレの間隔が近くなり朝まで我慢できなくなって、泣く泣く起き、その後また寝直せない・・・というケースも多いです。

そして水分不足は以外と知られていないもの。

お腹の中で急速に大きくなる胎児には、たくさんの栄養分と酸素、それを運ぶ血液が必要。

血液は水分が無いと十分にめぐってくれません。

なので眠っていたとしても身体が水分を欲しがり、目を覚まさせてでも水分が摂りたくなる場合があります。

こういったさまざまな要因で、妊娠初期は眠りが浅い状況になり、睡眠不足に悩まされてしまうんですね。

妊娠初期の眠りが浅い悩みの解決策は?

妊娠によるホルモンバランスの変化は、時間経過でしか解決しません。

なので他の部分で眠りやすくする工夫をすることになります。

二度寝・昼寝をへらす

眠りつわりの人にとってはツライところですが、日中たくさん寝てしまい夜きちんと休めないのも、胎児の発育にはあまりよくありません。

全くゼロにするのは大変ですし、妊娠中に無理は絶対にできません。

できるだけ昼寝の時間を減らしたり、遅い時間(夕方頃)から寝ないよう心がけてみましょう。

眠る環境を整える

今までの環境では暑いなら、少し涼しいパジャマにしたり寝具を変えてみましょう。

窓を開けて風を通してみたり、心地よいと感じる就寝環境を整えてみてください。

昼間は進んで身体を動かしたり、日光に当たる

妊娠初期はつわりなどでつらいことも多いでしょうが、できれば散歩やストレッチをして体を動かすことをおすすめします。

少しでも体力を消耗しないと眠気はやってこないもの。

また日光に当たることで体内でメラトニンが生成されます。

散歩が難しければ窓辺での日光浴でもOK。

上手に妊娠初期の眠りが浅い悩みを乗り切ってくださいね。

投稿日:

Copyright© 不眠睡眠サプリかわら版 , 2018 AllRights Reserved.